レーザー治療
MENU

_blank

レーザーというと強い刺激のあるものイメージしますが、痛みも少なく、体への負担が少ない治療になります。全く歯も削りません。適応の範囲も広く、虫歯予防や歯周病治療、歯肉形成にも適応があります。

レーザー治療の効果

根管治療

再発のリスクを低減するために、根管治療の仕上げにレーザーを使用しています。歯を削るための機器(タービン)では届かない箇所もレーザーを使用することで、隅々までレーザーが届き、虫歯菌を死滅させることが期待できます。

歯周病治療

通常の歯石除去に使用する器具(スケーラー)だけでは到達しにくい歯周ポケットの奥深くや複雑な形態の歯周ポケットにレーザーの光と熱を当て、歯周病菌を死滅させます。

歯肉形成

歯肉形成とは、歯と歯ぐきの境目の不揃いなラインを整える治療法です。当院では審美補綴(セラミック系の被せ物)を装着した後、歯ぐきのラインも美しく統一することで、全体的なバランスを取り、より美しく見える口元にしています。

歯肉整形

発達しすぎた歯に歯ぐきが被り過ぎている状態のことを「ガミースマイル」と呼びます。この覆っている歯ぐきをレーザーで切除し、キレイな歯肉ラインに整えます。出血や腫れが少なく、低侵襲の治療になります。

上記の他、レーザーはクラウンレングスニング(歯冠長を確保する方法)などにも使用し、治療質の向上に大きく寄与しています。当院では、幅広い適応を持つレーザー治療を活用しながら、体に優しい治療を提供しています。